【重要なご連絡】

2019年10月12日に日本を縦断した台風19号の影響により、会場の確保が難しくなったため、今回予定していました以下の「第7回学級経営実践セミナー」の中止をお知らせいたします。既に参加申込をされていた皆様には個別にご連絡を差し上げました。申し訳ございませんでした。また、参加予定だった皆様にも重ねて謝意を申し上げます。

​今年度、福島県でのセミナーは予定しておりませんが、来年度以後、福島県または東北地方での学級経営実践セミナーを持つことができたら嬉しく思います。その際は、よろしくお願いいたします。

​第7回 学級経営実践セミナー(福島県郡山市)

〜学級経営の枝葉から幹、そして研究へ〜

2018年に誕生した日本学級経営学会の郡山セミナーです。
学級経営を研究するってどういうことなのか?
自分の学級経営を講師の先生方の学級経営を学びながら見直しませんか?
「行き当たりばったり」や「たまたま上手くいった」学級経営ではなく自分の幹は何かを一緒に考えます。

1 日時  2019年11月16日(土)  9:50〜16:10(受付9:30)
2 場所  郡山市富久山総合学習センター(富久山公民館) 会議室
3 参加費 3000円
4 申し込み方法 こくちーず(https://ssl.kokucheese.com/s/event/entry/575034/)
5 定員  30名
6 プログラム
 9:30〜 受付
 9:50〜10:00 オープニング(遠藤浩美)
10:00〜10:50 山田先生の木
(山田洋一先生の学級での実践とその根幹)
11:00〜11:50 松下先生の木
(松下崇先生の学級での実践とその根幹)
11:50〜12:10 学級経営を研究することの意味(阿部先生)

12:10〜13:10 〜昼食〜

13:10〜13:30 自分の木 作成&交流
(参加者の学級での実践とその根幹)
13:30〜13:40 実践発表①「隠れたカリキュラム×学級経営」(中西龍也)
13:45〜13:55 実践発表②(未定)
14:00〜14:30 場面指導から考える学級経営
(進行:菊地幸恵、山田先生、松下先生、阿部先生)
「学級で起こるこんなことどう対応する?」
14:40〜15:00 自分の木 作成&交流
(参加者の学級での実践とその根幹)
15:10〜16:00 パネルトーク
「学級経営の幹は教師それぞれでいいのか?」
(進行:阿部先生、山田先生、松下先生)
記録:薄、亀田
16:00〜16:10 エンディング(遠藤浩美)

<このセミナーのねらい>
・学級経営における具体的な実践やその根幹を山田洋一先生・松下崇先生から学び、参加者自身が学級経営の根幹を考える場を作る。
・学級経営を研究する視点を阿部隆幸先生から学ぶ。

※プログラム内容は、多少変更になる場合がありますが、ご了承ください。
7 懇親会
 ・定員   15名
 ・会費 4000円
 ・会場 炙り活鮮秋ない酒場 春夏冬
  (福島県郡山市駅前1丁目9−15, オフィス古泉ビル 2F)
<講師紹介>
山田洋一先生
北海道公立小学校教諭。日本学級経営学会理事。北の教育文化フェスティバル代表。
「気づいたら「うまくいっている!」目からウロコの学級経営」(黎明書房)など著書多数。
松下崇先生
神奈川県公立小学校教諭。日本学級経営学会理事。
「自治的集団づくり入門(THE教師力ハンドブック)」「学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 6年」など著書多数。
阿部隆幸先生
上越教育大学教職大学院准教授。日本学級経営学会共同代表理事。
​「学級経営が主役のカリキュラム・マネジメント−キャリア意識を育むコラボレーション授業の実践」など著書多数。
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2018 by The Japanese Association of Classroom Management. All Right Reserved.

​学会への問い合わせは右の事務局メールアドレスまで info@classroom.gifts